さまざまな活用方法がある

土地

土地活用の方法はさまざまなものがあります。まず土地活用の方法で挙げられるのは、アパート経営です。土地を活用すると聞くと一番に思いつくのは、アパート経営やマンション経営なのではないでしょうか。この方法では建築費などの必要な費用を銀行からローンで借りることが多いです。予算や周辺環境、収益性などによって、さまざまなプランの中から選ぶことができます。初期費用が上がってもいいから収益性を高くしたいと考えているなら、マンション経営が最適です。マンションはアパートに比べて建築費が高いですが、耐久性があるので一度建てたら長期間の利益を見込むことができます。安定した収益を得たいのであれば、戸建住宅を建てて活用するのがいいでしょう。戸建て住宅は最近注目されている土地活用で、入居者がすぐに見つかるという特徴があります。また戸建て住宅を求めている世帯は富裕層が多いので、家賃設定も比較的高くすることができます。なるべく安い金利で賃貸物件を貸したいのであれば、賃貸併用住宅経営が最適です。賃貸併用住宅経営だと住宅ローンを利用することができるので、通常の賃貸物件より安い金利でローンを組むことができます。収益は高くなくてもいいのでなるべくリスクを抑えて活用したいのであれば、月極駐車場経営が有効です。駐車場経営は少ない初期投資で行うことができるので、銀行などに多額のお金を借りたくない人におすすめです。

土地売却や等価交換、駐車場経営の特徴

土地

土地活用方法は、土地売却や等価交換、駐車場経営などがありますが、それぞれの特徴が異なります。土地売却の特徴は、資産の組み換えが可能で相続税資金を確保できる点です。土地の上に建物を建てた上で売却する等価交換の特徴は、資金がなくてもリスクを負わずに活用できる点です。譲渡税の優遇措置があり、自分の住まいを確保できるという特徴もあります。駐車場経営の特徴は、他のことに利用しようと思った時にすぐに転用できる点です。また更地にするのも簡単だという特徴があります。

定期借地やアパート経営の特徴

マンション

土地活用には他にも定期借地やアパート・マンション経営があります。定期借地の特徴は、土地を失わずに分譲することが可能なので優良な資産を残すことができます。税制上の優遇措置があり、借り入れによるリスク負担はないという特徴もあります。アパート・マンション経営の特徴は、軌道に乗れば安定した収入を得られることができます。アパート・マンション経営も税制上の優遇措置があり、最近の賃貸人気が追い風となって高い収益性があります。

広告募集中